クールビズ(軽装)で再就職の面接会場に行こうとする場合…

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとする際には・・

  • クールビズの服装で転職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでもジャケットは着込んでいく必要はないとはっきりと分かります。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもジャケットと一緒でなくてもOKだと考えている企業も存在する確率もありますが、ことネクタイだけはクールビズであろうと必ず着用しなければならないと考えている企業がいくつかあります。ですから、例えクールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイはしていった方が悪い印象を与えることがないということを分かっておいてほしいです。

  • 就業していた会社でパワハラを行う上司に悩まされて、結・・

  • 昔務めていた会社でパワハラを行う上司に困惑してしまい、最後には耐えることができなくなりその会社は辞め、同じ業種の別の会社に変えました。その会社では気分よく働くことができて本当に満足していましたが、ゆっくりと会社の業績が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその経営統合した先の会社が驚くなかれ前に勤務していた会社で、加えてまったく反りが合わない上司が再度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、本当に縁があります。当然ながら新たなる転職活動を始める予定です。

  • 転職のための活動は希望している企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」…

  • 転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより、正確には「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。其のためには、第一歩として面接が始まる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いをする気持ちで望むと良いかもしれません。また面接係員は最初にあなた自身の人間性や人柄を評価されるので悪い評価になるような身なりは気をつけて避けましょう。良識ある社会人らしく転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

  • 派遣の仕事が決まりました。就業1日目に営業担当の・・

  • 派遣での仕事が決まりました。最初の勤務日に営業担当の方と就業場所付近のコンビニで合流する予定だったのですが、営業担当者が店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思って店内に入ってみると、営業担当者はあろうことか雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いてみているではないですか。こんな担当者のお仕事なんてやってられないだと感じ、挨拶することもなくこっそりとコンビニの外へ出てすぐさま派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり大切な要素です。面接の時、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 前の求人情報には、雇用主の希望する「性別」がはっきりと書かれていました。

  • 一昔前の求人情報には、募集要項の中に「性別」が、もれなく明記されていました。でも、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけないルールができて、募集要項の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。そういった時代になったのですが、求人情報を出す企業は、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。実際に、本当は男性希望の案件に女性が応募したり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。仮に、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、女性の働き手を希望しているのだと認識したほうが良いといえます。

  • 転職する際、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職をするときにとても重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。多くの場合面接では、面接官が応募者に転職の経緯や退職理由など色々な質問が飛んできます。そして必ず、面接の終了間際に今度は、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わるのが普通です。例えば、「なにか弊社についての疑問点はありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に答えを用意しておらず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。こんな時の為に、前もって面接官からの問いに際し、聞きたいことを準備しておきましょう。よく考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。