失業した際に給付される失業保険は、失業中でなければもらえません…

失業時にもらえる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが・・

失業によって得られる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、延々と給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、中には知らないで期間の制限ががないと思い込んで「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急に職を探し始めても好条件のところを見つけるのは難しいです。面接担当者が馬鹿である場合を除いていつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといったことくらいはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況次第では、面接担当者から何をしていたか質問されることになり、答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、受かりません。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。とはいっても、仕事をしながら求人案件を調べて応募したり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも大変です。加えて、転職活動中は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接の段になって辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の貴重な時間を浪費することになるので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しなければいけません。

その昔は看護婦という名前だった看護師というのは資格と・・

前なら看護婦ですが看護師は資格として歴史的背景から女性比率がとても大きい職場です。そして、気力・体力をひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜんのように職場の環境での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、人材不足な状態に変わらず継続しています。なので、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」となっていて、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。

とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。2、3日して先方から面接日時を告げられました。だが、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、驚くほどだらしない態度を見せられ、なんとか面接を終えました。予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、待っていられず、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待ちましたが、結局届かず、そこでもう一度電話をしたところ、どういったわけか、「今回は見送らせてもらいました」と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。私は呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、素直に、採用されなくて良かったとホッとしています。

『転職したい!』と思っていて、自身の意志が強いのであれば・・

『転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的にはなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、うまくいきませんでした。やっぱり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に前の会社に対しての愛想が尽きました。

求人に係る情報をチェックする際、「デスクワークがしたい」と考えている人・・

求人に係る情報をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業はチェックしない人がいます。そのような人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていたりします。現に、製造業での求人でも、製造マンだけでなく経理、人事、総務などのスタッフ募集から、購買、営業管理のような「事務系」に類する部署もかなり存在します。でも、製造業の多数はビジネス街からは離れた地域にあります。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。ですが、こだわりを捨てて、思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

転業したいなら、こまめに多様な企業の情報を定期的に調べたり比較したりしておく…

転身を近いうちにするつもりなら、様々な会社の採用情報の詳細を日常的に調べておくと転業先を選びやすくなります。今現在の職場に不満足だと、転職活動する際に、どんな企業でも魅力的に見えてしまいます。そうなると、どの会社を選択するべきか、迷ってしまうので判断を大きく間違えるおそれがあります。そのため、ごく短期間で不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、会社の取引している会社を見る事です。良い企業は、取引している会社を公開していますし、反対にそうではない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、よく見ておきましょう。さらに、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。