今現在の自らの職場・仕事内容について大半の人は不満を感じていると思います。

現在の自らの勤め先や仕事に対するほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今現在の自身の勤め先・仕事内容について何かしらの不満があるはずです。「自身のスキルや能力をきちんと評価してもらえない」よって、「給与アップも、将来的なレベルアップも期待できない」といった不満が多数を占めます。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には本人が自分自身の能力を過大評価してはいないか、再確認しておく必要があります。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と中々転職先が決まらないことになりかねません。という事態に陥りがちです。そういうわけで転職活動をスムーズに行うためにも、「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることから始めてみましょう。

転職しようと思うなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の意思があるのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。ことさら、転職したはじめの年度は、ほとんど「試用期間」が含まれているというのがほとんどで、自身の場合はやっと転職して予想と異なり前の会社での稼ぎと見たところ同額だったことがあります。また、仕事内容はきついうえに、責任のある立場で、初年度を越すのも本当に状態でした。そうした体験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、極力転職する以前から貯金しておくことに尽きると思います。

転職活動をしていて面接で例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接時に間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、率直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由について率直に話すのは問題です。たとえば給与に関する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この企業に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、その希望が叶うのは御社しかありません、とうまく話をすり替えましょう。

今から転職される人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は…

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、必ずだれでももらえます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の直近の給料をもとに支給する額を計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が欠かせません。企業のほぼすべては履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえます。単に穴埋めするだけでなく、記載内容を充実させることも大切です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書き綴りましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが望ましいです。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのためにうまく活用することもよい転職をするための有益な方法です。

転職先を探すにあたって、当然仕事におけるやりがいアップと共に…

転職を行うなら、仕事におけるやりがいアップも大切だけどそれに加えて給料のアップも大事なポイントになるので「年収比較サイト」に登録して事前に調べています。同一の会社でその上同一の職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの違いがある場合も多数あって、ぶっちゃけて言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人も誰だろうとだいたい予測できるのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

転職サイトおよび転職エージェントを使用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。しかしながら、転職フェアを利用するのがいいでしょう。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運べば多くの企業に関する情報を得ることができ、さらに、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けに行く心構えで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。それが功を奏してフェアの最中に企業から気に入られれば、正式に応募して採用面接時にとても有利になると期待できます。