再就職で面接でほぼ絶対に聞きだされることが辞めた原因のことですが、…

転職をする場合でほぼ必ず追求されることが会社を退職・・

  • 転職をする際で高い確率で問いかけられるのが前の職場を辞めたわけについてです。このような質問に回答する場合には話題の中心を退職した会社からそらしたほうが賢明です。会社を退職した経緯が中心となり話が進むと必然的に良くない面を伴った話題になってしまいます。どのように進めればいいかというとなぜ前の会社を退職したかという点をこの会社になにがなんでも入社したいと思っていたからといった内容に向けていくということで、面接に来た方の会社へ内容を傾けていきましょう。転職理由でも、そういった話ならば、マイナス面を隠しプラス面を印象づける前の職場を去った訳にすることができます。

    働く中で回復が難しいほど心的につらくなり、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら・・

  • 職場環境のせいで精神的にまいってしまい職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そのときは、相談するのは会社の人にするより身内などの近しい存在の人と話し合い、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、仕事をするのは当事者であるあなた自身ですが、同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく高給をとったからといって、精神がダメージを負ってしまうまで仕事をするのは好ましいとは思えません。今の社会では、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にしていく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内、あなたの心も大切にしましょう。

    看護師という職業の人の違う仕事に「転職しよう」と思う原因…

  • ほかの職に転職の原因は人それぞれです。それを見てみると看護師の転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけでライフスタイルの変化によって出産それと子育てそのうえに家族の介護など、仕事環境の変化など、仕事が難しくなってしまった」「給与とキャリアとのバランスに不満がある」というような問題があり決して他人ごとではないはずです。しかし、転職を決める前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、頭を冷やしてリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

    転職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと記載されているケースもあるようです…

  • 転職をする際の面接での身なりはクールビズでお越しくださいと書いてあるケースもあるようですが、クールビズで面接を受けるのは本当は失礼なのでは?と思いがちです。クールビズに関する迷いを懐に持っている人たちに進言したいのは、企業側からクールビズを指定された面接は伝達事項をそのまま実行したほうが安心できます。混乱して、すごく汗がでる時期にスーツをびしっと着用すると相手側に不自然な印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

    自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分の大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが趣味でそれが理由で、以前は、飲食の世界(レストラン)で勤務していた期間があります。そのレストランでの業務内容は、そのお店で私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが引き金となって退職することにしたのですが、その結果、あんなに大好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物すら嫌になり、類似の店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思い、実現できるのは本当に素敵なことです。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて見直す必要があります。

    将来、段々と考えなくてもできる仕事は機械に交代させられていき…

  • これからの社会では着々と単純作業は機械に置き換わって明らかに必要なマンパワーはどう考えても減らされてしまいます。どうしてかというと、単純な仕事は人よりも機械で作業するほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数をカウントしたり、同一の動作をリピートしたりすることは機械なら何の苦もありません。人間とは違って泣き言も言わない、ペースが変わらないし、適当にすることもないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。加えて、「人件費」も発生しません。わざわざ労働力として人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械化されるのは自然の結果といえます。

    就職活動中に気を付けたほうがよい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよ…

  • 就職するため職探しをする際に注意して欲しい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。こういった求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料に残業代を含んでおくということです。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代35時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料です」という求人になります。でも、悪質な求人では、この『みなし』をわざと記載していないこともザラですので気をつけましょう。