転職期間ではどうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、…

転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間に余裕があるため・・

転職期間ではそんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているため、だらけてしまいがちです。が、そのような過ごし方は避けたほうが賢明です。というのは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。やがて、仕事をしようとする気力も失い、お金に困ってしまいます。そんな状態になると、悪いサイクルがさらにつづき、次の仕事をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、もらえるお金を一番に考えるからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済政策を打ち出し、経済政策共々金融政策ともあいまって財界や民間企業間においても新たな変化が巻き起こりつつあります。その作用もあって一般の企業では今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」が社会問題として拡大しています。なお、「外国人の労働者」の割合を今よりも増やしていく、であると現内閣は宣言しています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

再就職の面接などにおいてもし名刺を差し出されたとしたら・・

転職の面接などにおいて名刺を手渡されとしたら、自分も同様に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と迷ったら、普通一般的には差し出す必要はないと知っておいてください。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、職に就くための就職活動の一部です。ですから普通に考えれば名刺を交換する時とは違います。それに、会社の人としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。それゆえ、相手から名刺を差し出されても、あなたのほうは、ただ受け取るだけでよくて、相手にあげる必要は少しもないと言えるのです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることが条件になります。

失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。そうはいっても、実際は「会社を辞めたことだし、しばらくはゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。そこで、真面目に就業先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのは不可避ですが、その場にて、求人票を見ることは必ず行ってください。心の中では探す気持ちがないときは、「求人票」をチェックするだけで、(ハローワーク職員との)面談時に「労働条件のいい仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念なことに確認できませんでした」と言って、次の機会に賭けましょう。

仮に再就職を考えたとしても、何もかもが首尾よく運ぶという保証はどこにもありません。

仮に再就職しようとしても万事首尾よくいくというわけではありません。可能であれば、どちらにしても転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに転職を試みるべきでしょう。大半の場合、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入してしまうと転職活動全般は、難しくなるのが一般的です。管理職など、要職を担当している場合、転職したいと思い立っても、今の会社に残ることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。退社してから転職活動を行うよりも、今の会社には残ったまま堅実な未来を模索しておいた方が賢明といえます。

失業保険の給付を受けたことがない人は、何もしなくても受け取れると考えている人が…

生まれて初めて失業保険をもらう際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が大多数だが実のところ、失業保険を受け取るためには、仕事探しを行っていなければならず、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとに職員に就職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。その反対に、就職活動をしていないと見なされたり、毎月の職員との面談に参加しない場合は、当然問答無用で給付をストップされたり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために充分に気をつけてください。

近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなった・・

現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと損をする仕組みができてきましたが、完璧とは言い難いです。だから、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それぞれの項目について堂々と質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になります。とりわけ「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問を重ねていくと渋い表情を見せる場合が多いです。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたかのような態度を見せるので、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。