今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか・・

今では、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けた・・

近頃、株・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり、自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった社会的変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といった見解も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、先の見えない自営業よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように広く世の中に浸透していました。そのような時代は終わり、現代は「成熟期」といった名称で表現します。近い将来では、機械化、自動化が進んで社会においては人手が必要なくなると言われています。

より安定した人生を送りたいと正規の雇用社員になろうとしている・・

安定した生活基盤を送りたいと「正社員」として働こうと考えている人はかなりいます。しかしながら、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、中々正社員として雇用されることが叶えられないケースも少ないはずです。契約社員や派遣社員の求人があっても、正社員の求人情報に固執し、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万が一あなたが、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には成果によって2,3年で非正規雇用から正規雇用への転身できることもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを聞いておくようにすれば後々の役に立ちます。

そろそろ転職しようと思うのなら、今の職場の何が気に入らないのか…

今からでも転職活動しようと思うのなら、現在の仕事や業務の何が気に入らないのかを明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不平があるから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「いまの職場や仕事の客観的にみた問題なことを列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は抑えることはできます。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。

今、私は派遣会社に登録をしています。インターネットサイトで何の気なしに自分に向いていそうな仕事を見つけ問い合わせてみると「その仕事はもう別の人でお話が進んでいます」という答えが返ってきて瞬間的にウェブサイトの中から仕事情報がなくなるのですが、翌日に閲覧すると再掲載されています。それって結局私だとよくないのだってことですよね。そういうことならば変に隠さない程度ではっきりと言ってほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。はたまた客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

昔から日本には「石の上にも三年」という諺もあります…

昔から日本には「石の上にも三年」という教訓があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、その背景を裏付けるかのように「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。が、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職を検討する際は、まずは適した時期を図る必要があります。必ずや現在の職場、仕事の内容について、何が不満なのか、何が不適なのかを5~10個ほど、探してみてください。こうすることによって、転職に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みすることなく、よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。

最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも・・

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。あなたに特許を取った経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、「研究開発」の論文を出した人、メディアで取り上げられた人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。会社に在籍中に、いかにもヘッドハンティングのような話が出てきたなら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。たまに、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、そういったものは確実にイカサマなので、引っかからないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

転職活動の際に、気になる求人(業界)を見つけたと・・

あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(または職種)を見た際に必ず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を通じてすぐに現実を知ることができます。そういった検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、のちに後悔してしまうかもしれません。その求人が出ている理由が、「仕事がキツイから人の出入りが激しい」というケースがかなり多いため、目に留まった案件について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。