転職活動を始めるにあたっては、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したり・・

転職活動を始める場合、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりし…

  • 転職活動をするとき、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりして興味のある会社を調査するはずです。ところが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。たとえ公表したとしても遠回しな表現に徹します。その種の会社情報や社員のインタビューについては、それをすべて信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、そのあとは、あれこれと理由をつけて辞めさせないように仕向けてきます。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職活動では、準備は必要不可欠です。特に目に映る「服装」は、誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかしながら、現在の採用面接では形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツでなくては、と考えて面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創設したての会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、スーツでいかないほうが良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、面接中、服装について、盛り上がる可能性もありますから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、今後、転職する際は、企業の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • クールビズ(軽装)で転職の面接を受けに行く際には、ジャケットはさすが・・

  • クールビズの格好で再就職の面接に臨むときには、いくらなんでジャケットまでは着用していくことはないと言えます。ですが、ネクタイはつけて行った方が好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケットと一緒でなくてもOKだとする会社も存在する可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイについては例えクールビズでも身だしなみとしてすべきだとする企業があります。そういった訳で、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイに関してはしていく方がベストだということは認識しておいてください。
  • 勤務していた会社で感じの悪い上司に困惑してしまい、結・・

  • 勤めていた会社ですぐにきれる上司に頭を抱え、とうとう耐えることができなくなって退職し、同業の別の会社に職を移しました。転職先の会社では気分よく仕事ができて本当に満足の日々でしたが、ゆっくりと業績が悪化し、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその経営統合した会社がなんと前勤務していた会社で、加えてものすごく嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが再び転職活動を始めています。
  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、人事や採用担当の面接係員…

  • 転職活動といえば、企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが肝心です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、初歩として面接だからといって冷静に対応することを心がけましょう。例えればお見合いをする気持ちで望むと良いでしょう。また面接官はまず最初にあなたの「人間性」を判定されるので悪い印象を与える態度は注意しぜったいに控えましょう。そして常識的な社会人らしい身だしなみや服装を整えながら、あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 派遣での仕事が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業担当の…

  • 派遣での仕事が決まりました。最初の勤務日に派遣会社の営業の担当の方と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、営業担当者がなぜかコンビニの前にいないので店内にいるのではないかと考え店の中に入っていくと、彼は驚くことに雑誌コーナーにしゃがみ込んで卑猥なグラビアページを開けて見ているのを発見!こんな人が自分を担当するなんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、そこで声をかけずに気付かれないように店を出てすぐさま派遣会社に辞退の連絡をしました。
  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接の際、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、もし一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。たとえば、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、せっかく入社したのに退職を余儀なくされるおそれもあるので注意が必要です。