求人に係る情報をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、…

求人に係る情報を見るとき、オフィス系の仕事が希望だからと…

  • 求人をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど製造業をスルーしてしまっていますが、そういった人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているはずです。事実、製造業での求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事・総務・経理と言った人材や資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される部署もたくさん存在します。とはいえ、製造業の大半はオフィス街から離れた地域に構えていることが多いですからアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。けれど、自らのエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。
  • 転身を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずにさまざま…

  • 転業しようと思っているなら様々な企業の募集案内を普段から調べておくと転職した後の見る目に役立ちます。あなたが今の職場になにか納得のいかない部分があるケースでは、本格的に転職活動を始めた際にどの企業も魅力的に思えてしまいます。そうなると、どの会社を選択するべきか、わからなくなり、判断を間違えてしまいかねません。雑な行動を取ると、最終的には一瞬で退職してしまうおそれもあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重視する企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。
  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、いまは資格を手に入れたい…

  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、そして現在、資格を手に入れたいので派遣社員になりました。フルタイムの勤務ではないので毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時にいくつか資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、身近にそういった人を見てしまうととても羨ましいと見えてしまいます。昔の私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、しかし今では、結婚し、生活自体が大きく変化し、そのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 再就職の際の面接では、規模の小さい企業であれば概ね「人事」が面接担当です・・

  • 転職の際の面接は、中小企業クラスの場合、「人事」が面接官ですが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるとしたら、仕事をすることになる現場の責任者、要は役職クラスである課長や部長が面接する可能性も考えられます。中でも営業系や事務系の場合は、資格による見極めが難しいですから、結局のところ自身を売り込んでいくことが必要なのです。面接担当から「この人は、きちんと自己主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。
  • 就職エージェントの大手に限って、いろんな案件を持ってい…

  • 大規模な転職エージェントは、たくさんの案件があるという長所があるといえますが、同時に転職希望のライバルも多くなります。あなたが、応募したい会社を見つけても、担当スタッフのほうで望みがないと判断すると応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先して売り込もうとするのです。大手のエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱いなかなか難しいので、発想を変更して中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか話しをすると転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。
  • あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」な・・

  • あなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において都会から地方に移住した上で転職したい、と考える人が増加傾向にあります。近年は求人情報サイトを活用すれば、地方の求人も簡単に得られますが、しかしながら、地方や郊外での求人に関しては、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところといえます。ですので、求人サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもよくチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの有無も注視しておきましょう。
  • 仕事探しを行うにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 転職する時にウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用することもあるでしょうが、その種のエージェントに登録してその結果転職先が決まったとしても、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと失業保険の給付対象にはならないので注意すべきです。なお、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職のための準備費用として、一時金が支払われます。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。このことについて頭に入れておかなければ、失業中にお金がもらえなくなるため、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。