派遣で働いています。派遣法とか労働契約法のからみで否応なく・・

派遣社員として働いています。派遣法とかの関係で残念です・・

  • 派遣として就業しています。労働契約法のおかげで残念なことにずっと働いた就業先での仕事があと数週間で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣の勤務先で直接雇用のポストをつかみ取った方もいるのですがぶっちゃけた話仕事の腕がよいというよりは派遣先上司の扱いが得意な方でそれで採用された気配。仕事のスキルよりおじさんを転がす能力が必要なんじゃないのと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと職場で愚痴を言う毎日です。

  • もっと良い企業に入りたいと転職をしようとがんばっている…

  • 転職希望者の場合、「1日でも早く、採用通知がものにしたい」と考えてしまうはずです。でも、そういう気持ちで良い知らせを欲しいばかり、自分をより大きく見せたり、あるいはその反対に自分を過小評価につながる言動はなるべくしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちはグッとおしころして、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに専心しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を賢く探していきましょう。

  • 現代の雇用形態が大きく変化したことについて、働きざかりの世代の中で…

  • 最近の会社や企業の労働背景の大きな変化に関して、若い世代は鋭敏に感じ取って、十中八九自らのキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。こういった理由から労働者・サラリーマンの労働力の流動化が進んでいるようで、加えて、後々若年層の転職への関心度が増加すると予想されます。労働市場の「流動化」が背景にあることで、会社の転職は誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が存在していた頃には「会社を辞めて転職」というと評価が下がるとも言われて転職が思い通りにいかない人もありました。しかし時代が変わり今現在の会社だけに執着する必要があまり無くなっているように感じます。

  • 自分が転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても本当に多様でほぼ物足りなく感じる方ばかりでした。こちらは人生がの大事な事なのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという想いがこみ上げました。それが契機となり自らキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得にはコストもかかったし勉強の面もとても大変ではありますが、求職中の人にアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえる存在になるべく努力しています。

  • 今まで経験したことのない業種とかに転身を考えるときには…

  • 全く経験したことのない業種とかに転職をしようとするときには、以前の会社で養われた力や経験を発揮することができるという訴えがいるようになります。初めて挑む人は経験のない分そのジャンルを経験している人よりも実際のところ、損にはなりますが、自分自身が保持しているスキルがそのジャンルでも十分に発揮することができるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になることも考えられるのです。なので、未経験であるジャンルに飛び込む場合は、その分野とこれまで自分が働いてきた職務とのつながりをできる限り考えましょう。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職活動を経験して感じました。私は結婚し、落ち着いたらすぐに子供を授かりたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在のそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正規よりも収入は少なめでしたが、ですが時間的な融通が得られるのでガマンしました。でも、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

  • 転職時の面接の時に人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか・・

  • 転職する際には面接が必須となります。人事から「転職理由をお聞かせください」と必ずと言っていいほど訊かれます。こういった場合、いかなる事情があったにせよ、前の仕事場での人づきあいや働く環境が良くなかった内容は、できる限りやめておきましょう。こういった話をしてしまうと、採用されるチャンスを水の泡にしてしまいかねません。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することが肝要です。本心とは違っていても、「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」といったような未来志向での返答が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。