こうした話は友人の話です。就職活動を始めて新卒採用・・

友達の話です。就職活動を始めて新卒採用としてなにがなんでも就職したか…

こういう転職というのは友達から聞いた話です。始めに新卒の時になにがなんでも就職したかった最終目標であるA社の最終面接で内定が得られず、それから先不本意ながら別の会社に就業しました。3年経た頃に派遣の求人サイトをチェックする中でA社の紹介予定派遣の求人を発見し、どうにかしたくなってその時働いていた会社を直ちに退職し、A社での派遣の就業を開始、やったな、と思った行動です。必死のパッチで頑張ってそれから後なんとかA社で正社員として採用され、現在はやりがいを持ちつつ楽しく仕事をしています。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を使っていました。

かつての私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。というのも大手「転職サイト」は、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったので、転職するときには「ハローワーク」ばかり使用していました。求人募集をする企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域密着型なため、探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」というイメージがある方もいるかと思いますが、以外にも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

再就職の面接でする腕時計においては、ビジネスの場らしからぬ目を・・

再就職の面接で使う腕時計の事についてですが、どう見ても目立つ時計はやめておいた方が好ましいです。この場合の目立つ腕時計と言うのは明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。その反対で安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そのような目立つという意味であって両極端な意味で目を惹くのだと覚えておきましょう。再就職の面接のときにつける腕時計はポジションとしてはスーツやネクタイと同じで、ふさわしいものを身にするほうが悪い印象にはなりません。とはいえ、年齢に見合ったものであるということも必要な条件であり、新卒の時に面接で準備したものよりは多少でも高級感のある腕時計にした方が好印象だと断言できます。

もしも、転身の決めたのであれば、徹底して周囲の人間…

もしもあなたが、転職を決めたのなら、徹底して周りに内密にその意思を知られないように、うまく活動していき、転身先が決まらないうちは、周囲に悟られないよう平常通りに仕事をするのが妥当です。その点を認識していれば、最悪の場合いい転職先が簡単に見つけられなくても、転職予定を延ばしつつ、現職にそれまで通りに残ってもトラブルの心配がありません。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社の人は、その言葉に合わせた態度をとるようになります。そのうえ社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと周りからは「あの人は辞める人」という位置付けになります。そうなってしまってから転職の気持ちが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、肩身の狭い思いををするでしょう。

これはシフト制のある仕事についてです。

これはシフト制の仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方を前もってチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私自身、産休で抜けた人の代役として、正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った女性が「土日」に必ず出られたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

転職の面接に転職希望の会社へ伺いました。

転職における採用面接に訪ねました。偶然会社内の面接をする部屋が空きがないということで社外の会場で面接をする方と待ち合わせをして採用面接が行われ、その場所で解散をして、面接官もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、偶然にも自宅からの最寄駅が同じ。結局は電車内でも面接を行った人と一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、その結果緊張がなくなって面接の時よりも込み入った話ができて、それが功を奏したからなのか最終的に採用をゲットすることができました。

職を変えた際には、高い確率で以前の仕事はほとんどの出来事は美化されます。

職を変えた場合には、大体の場合、前の仕事での美化された記憶となります。実際のところ現在の会社に不服があるから、次の仕事を見つけてやっと退職を決め、再就職を決めたはずなのに、気付けば新しい会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と思う機会が増えてきます。というのも極めて当然のことで、前の職場では仕事の手順に慣れていて、今よりもわけなく日々の業務がたやすくできていたのが、もっとも根底にあるでしょう。ですが、「やっぱり転職するんじゃなかった」と悔やむほど、過去の職場のほうが待遇や環境がいい可能性もあるはずです。