求人についての広告には、ほとんどの場合、多くの企業・・

求人についての広告には、大部分の場合は多くの株式会社で…

求人関連の広告には、ほとんどの場合、普通の株式会社では月の給与等が記載されています。でもこのポイントを確認する際は、その数字だけ見てわかってしまわないようにしましょう。実は案件によっては、月収のなかに「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。そういうことは残業代の金額を入れて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。また基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている企業もあります。そういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には興味を持たないほうが賢明です。

転職サイトはメジャーなサイトの方が多くの会社が掲載されているた・・

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される転職情報がたくさんあるため、約2~3社ほどとりあえずはウェブサイトに登録した上で、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、自動で案件の通知が入るようにすると、楽に転職情報を集めることができます。でも、初回は登録するのがかなり大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録をする第一回目は少し時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後の応募を考えれば、初回にきちんと準備することを心がけましょう。

仕事の面接でいるスーツの色味は、新卒の就職活動に身に付ける色・・

転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の時に身に付けているカラーが一般的です。具体的に言うと、紺色や黒色の暗い感じのカラーになります。それが、再就職のケースにおいても、着用していくビジネススーツの色味はこのようなダークカラーが多数派になっており、黒色や紺色以外の色の人はあまり見ることはありません。あえて言えば、グレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、割合からしても黒や紺のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、面接担当者も多数を占めるカラーを着用している人の方が普通に見えてしまいますから、見た目の印象という面ではそのようにする方が好ましいわけです。

転職のために今勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが・・

転職を行うにあたって、「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自分の都合により退職願を出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因でハローワークの職員と喧嘩をしているのを見たことがあります。なお、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険が給付されます。

もしも将来、転職をするつもりなら、資格を取得しておくことをお勧めします。

もしもあなたが転職をするならあらかじめ資格を取得しておくことをお勧めします。また、仕事をしているあいだに資格取得しておけば、転職の際に有利に働くので転職の幅がグッと拡がります。こういった理由から、資格取得は、在任期間中がベストタイミングです。もしもあなたが将来のために、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、現在の仕事を辞めたとしても前向きに次に進めるはずです。それにプラスして、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に面接担当者に即戦力として扱われそれまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

新卒採用で入社しましたが、勇気を出して転職しました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職することについて会社を辞めた後は、しばらく悩んだように思います。でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動を通して理解し、いつの間にか不安が消えて、安心しました。また1回転職したことで不思議と肩の荷が下りるような気分になり、自分に適した仕事を探すことが出来て前向きに過ごせるようになりました。いまだに「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といったような意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の場合は間違ってなかった、と思っています。

転職を、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲しい…

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてほしいポイントがあります。まず派遣社員というと、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような仕事をぼんやりと想像する人が少なくないでしょう。私も現在勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、実際に入社してみると、退職した正社員さんの穴埋め業務を要求されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、当初の説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に参っています。とにかく、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。