女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と今…

女性が再就職する時、一昔前と近年とでは若干、状況が変わりつつあります。

女性が再就職するに当たり、数年前と今とで少なからず、状況に違いがあったりします。過去には面接の場で、「結婚の予定」や「出産後の仕事」について自然に質問されることが珍しくありませんでした。ですが、最近では、そのような内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業が増えています。とりわけ大企業ほど、NG質問として神経を尖らせているようです。が、面接する側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の価値観結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思っているはずです。自分自身の考えを理解しておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら話すことで会社側にも認識してもらえ、安心してもらえると思います。ですから、聞かれていない内容でも、こちらが先んじて率先して答えてみると良いでしょう。

働くのに派遣会社に登録する人が現在増加しています。

派遣会社を通して働く人が近時は増加しています。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかを可能であれば面接のときに質問しましょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りとして、手数料を徴収するシステムといえますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、悪い業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも珍しくありません。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべく別の派遣業者で登録されることをオススメします。

今の自分の職場や業務内容に対して、何かしらの不満に思うことがあるはずです。

現在の自らの職場・業務内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の資格やスキルを真面目に評価してくれない」だから、「給与のアップも、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人が少なくありません。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分の力量を実際よりも過大評価していることが多かったりします。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職するまでに長い時間がかかるおそれがあります。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。再就職を円滑に行うためには、自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

転職する企業で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。転職1年目の段階では、ほとんどの場合「研修期間」が入っているというのが可能性は少なくありません。自分の転職では、どうにかして新しい職を見つけることができたのに、予想に反して前職での稼ぎと年収と見たところイコールでした。そればかりか、業務はかなりキツく、とても責任も重大だったために、一年目を乗り切るのにたいへん状態でした。そのような経緯から1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、なるべく転職以前の段階で貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職活動中に、面接時に間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしている際に、面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。たとえば給料の不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうな…

今年中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当はあなたが勤めている会社が雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。失業手当の金額は会社で最後の勤務月の近々の給料をもとに手当の額を算出されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。大多数の会社は履歴書及び職務経歴書の記載内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2点を作成しましょう。ただ穴を埋めるだけにとどまらす、記載内容を魅力的なものにすることも大事です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入してみましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが得策です。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値を高められるようにうまく活用することも転職を成功させるための有効な手段です。