かつては求人誌には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

かつては求人誌には、「性別」がしっかりと記載されていました。

  • 昔の求人情報に募集条件の中に「性別」について、書かれていました。けれど現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人・採用差別をないようにしないといけないルールが決まり、募集要項内に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、求人する会社側には男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。ですから、実は男性必要な企業に女性が募集にやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してくる、でも採用されないといった可能性が高くなります。例として、「女性が活躍する職場です」と記載のある求人募集の場合は、これは女性を望んでいると考えると良いです。

  • 初めて働いた会社で感じの悪い上司に神経を使い、つ…

  • 新卒で採用された会社ですぐにきれる上司に嫌な気分にさせられ、耐えきれなくなりその会社は辞め、ある他の同業の企業に変えました。上司が感じのいい人で非常に満足した日々でしたが、緩やかに会社の売り上げが少なくなりついにはある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその統合した会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、その上すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。いったいこれはどれほど縁があるのでしょうか。当然ながら新規の転職活動をし始めています。

  • 転職詐欺|転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載案件も多いので、…

  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほど多くの求人情報が掲載されているため、興味を引く2,3の会社を、とりあえずウェブサイトに登録した上で、勤務地と年収条件程度の条件一致で加えて条件に合った案件が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。しかし、最初に限っては登録が少々面倒くさいのでサイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。初めの登録のときは多少時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備を怠らないことを推奨します。

  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になります…

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。それまでに働いていた期間に応じて90とか120日とか決定されるのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いして永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら就業先を探してもろくなところが見つからない確率が高いです。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」位は大よその想像が付く。状況次第では、面接担当者から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるおそれもあるので要注意です。