安定した生活基盤を求めるべく「正社員」として働こうと考えている人…

より安定した生活基盤を求めるべく「正社員」として働くことを念頭に置いている…

  • 安定した生活基盤を希望して「正社員」として働きたいと考えている人はかなりいます。が、役立つスキルを身に着けたりして頑張っていても、正社員のためのキャリアアップが叶わないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人情報は充実しているのに、正社員の求人情報以外は気にも留めず応募しない人も多いでしょう。仮にあなたが、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員の募集にも目を通してみましょう。企業によっては、その人の頑張りにより、2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップを狙えるところもあるからです。ですから面接時に「正社員登用」の有無を聞いておくのも今後の役に立ちます。

  • 万一現職からの転業の決定したのであれば、あくまで周囲の人・・

  • 万が一あなたが、現職からの転身の意思を固めたなら、完全に周りにはひそかにそれを教えないように首尾よく活動していき、転職先が決定していないのなら、なるだけ会社内の人に気づかれないように普段どおりに仕事をする方がたいへん合理的です。その状態をキープしておくと、いい転職先がすぐに見付けることができなくても、転職の予定を見送りながら現職をそのままし続けても何ら問題がありません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、社内の人間は、その言葉を受けた行動をします。そのうえ「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲には「あの人は辞める人」と受け止められます。そういった状況のあとで、転職したい思いがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、仕事を続けている限りは、身の置き所がない思いををするリスクがあります。

  • 転職活動で大事なことは企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員・・

  • 転職のための活動は希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に平常心で対応することを心がけましょう。たとえば「お見合いする」と捉えておく向かうと良いと思います。更に大事なことは面接がはじまると先ずあなたの人柄や人間性を判断されるので誤解を招くような言動や見た目は注意しゼッタイにやめましょう。そして良識ある社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性は通常あり得ません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。