転職詐欺|再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必須です。

転職を進めるには、相応の準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「ファッション」は、重要なことだと感じてしまいます。ただ、今の採用面接については私服が良い会社もあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に向かわなくてもいいでしょう。会社の創立してすぐの会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服の方が相手先に良い印象をあたえます。そして、正装ではないので、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。そうして、私服だと面接中に、ファッションの話もしやすくなります。ですから、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人…

  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてほしい箇所がいくつかあります。まず派遣社員に関しては、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった仕事内容を考えてしまった人が少なくないとは思います。最初は私自身もそう思ってました。今、働いている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。が、実際に入社してみると、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とはかなり違っていたので毎日非常に参っています。現在は、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 再就職する場合必ず準備する履歴書などに関してですが・・

  • 転職の時に絶対に準備しなくてはいけない履歴書においては、大体、自筆ではなく、パソコンで作るというのが主流です。日本の中では履歴書や職務経歴書はパソコンではなくペンを使って用意するのが常識だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就活やアルバイトの際に作成する履歴書であって、実は、転職の場合は絶対に手書きでないといけないとまでは断言できません。手書きの履歴書や職務経歴書をベストとする企業もあるようですが、そうじゃないところがどんどん多くなってきているので、自筆でなくてもOKなケースは多いのです。
  • これはシフト制の仕事についての話です。

  • これはシフト制のある仕事についてです。特定の曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法やシフトの提出方法については面接時に確認しておいた方が良いです。私自身、産休で休む人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が土日は休むことなく出勤していたので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。今思えば本当によくやってこれたなと思います。