転職活動では、ブラック企業にご注意

転職詐欺|転職したい会社で会社見学などがあるとすごく勉強になります。

転職したい会社の会社見学ができれば、かなり参考になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、腕を見るのがワクワクします。が、「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、本来の仕事現場を見せてくれることはまずありません。例を挙げると「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。
転職活動では、ブラック企業にご注意

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」や「三本の矢」などの経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀による金融政策と相まって、財界・企業ともに次世代の社会的な変化が巻き起こりつつあります。
転職活動では、ブラック企業にご注意

再就職では、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

再就職では、かなり要となるのが「面接」です。大半、面接では応募者に対して、転職の動機や仕事の意気込みなどこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして必ず、面接の終盤になると、面接希望者側からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。
転職活動では、ブラック企業にご注意

転職詐欺|再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必須です。

転職活動する場合、それなりの準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に映る「ファッション」は、気になっても仕方がないと思います。ただ、現在の企業面接に関しては私服がOKな企業があるので、ビジネススーツ(正装)で面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。
転職活動では、ブラック企業にご注意

安定した生活基盤を求めるべく「正社員」として働こうと考えている人…

より安定した生活基盤を願い正社員を目指している人は多いと思います。にもかかわらず、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても中々正社員として雇い入れてもらうことが難しいこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人情報がかなり目につくのに正社員の求人募集以外には目も通さず応募しない人も少なくないでしょう。
転職活動では、ブラック企業にご注意

かつては求人誌には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

今までは求人情報では、性別が当たり前のように記載されていました。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、雇用において、男女差別があってはいけないルールが敷かれ、応募資格内に「性別」を明記できなくなりました。けれども、求人する側には本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。
転職活動では、ブラック企業にご注意

近頃はPCやスマホを使えばネットのエリアには、今で・・

世の中は変わっていてスマホは便利でネットの世界では、「転職サイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在しています。その多くのサイトから自分の目的にあった転職先というのを見いだすにはとりあえず情報を収集することです。こういう転職サイトをしっかり利用することで効率的に転職が叶えられるはずです。
転職活動では、ブラック企業にご注意

派遣社員として働いています。労働契約法のからみで否応なく、…

派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意ですが長く勤務してきた会社での勤務があと数か月で終わります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先から正規社員の地位をつかんだ人もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の実力というよりは派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい方でそのおかげで採用された様子。
転職活動では、ブラック企業にご注意

再就職で面接で決まっているかのように尋ねられるのは会社を辞職した…

再就職時の面接でかなり高い確率で追求されることが前の職を辞職した理由ですが、このような質問になった時には話題を前職のことにしない方が賢明です。前職を退職した理由を的にしてしまうと絶対に面接において不利なことを取り込んだ話題になってしまうので。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして前職を辞めたかという点をこちらの会社に必ず入りたいと思っていたからといった内容にするべきであり、面接に来た方の会社へ焦点をもっていくべきなのです。
転職活動では、ブラック企業にご注意

女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と今…

女性が再就職する時、一昔前と今日とでは少し違いがあるようです。過去には面接の際に、結婚の予定や出産予定などに関して、普通に質問していました。ところが、最近では、そのようなデリケートな内容は、セクハラとして聞くのを避ける会社が増えています。また、特に大企業ほど、露骨に避けるようになっています。